更新日:平成28年7月1日

石川浄水場更新工事

石川浄水場更新工事について

石川浄水場は、石川を水源とする本市の水道供給量の約30%を担う基幹浄水場で、以前の施設は昭和44年に供用を開始して以来40年以上が経過していました。

老朽化した水道施設において、耐震化および浸水対策を行い、安全な水を安定して供給することを目的として、石川浄水場の全面更新を実施しました。

平成24年から施工業者をプロポーザルにより決定、契約を締結し、綿密な打ち合わせに基づいて詳細設計を作成、更新工事を実施という段階を経て、平成28年3月に竣工しました。

羽曳野市水道局